けの介でごじゃる
kenosuke.exblog.jp
ブログトップ
映画 『ミッドナイト・イン・パリ』『 アーティスト』『 ノーマ・レイ』
b0191189_19564039.jpg

おっと、 また雨が降り出したな。。。
でも大丈夫、傘なんていらないぜぇ。
パリならこれくらいの雨に傘はささないのさ。
ワールドだろぉ〜(←)




『ミッドナイト・イン・パリ』
2011年 /スペイン・アメリカ合作のロマンティック・コメディ映画。
脚本&監督/ウッディ・アレン 第84回アカデミー賞で 脚本賞受賞。 

小説家を夢見るハリウッドの売れっ子脚本家が、パリに魅せられ真夜中の街をさまよううちに。。。

主演のオーウェン・ウィルソンの汚れ具合を見るに、、、
ウッディ・アレンがまだ若かったらきっと自分で主演してましたね。
とにかくキャスティングがすこぶる豪華! 
さすが、ウッディ・アレン。 某国前大統領夫人まで出演してます。

過去の偉人が皆そっくりで。。。 
ダリもピカソもライブで見てきた世代としてはビックリしました。
特に『戦場のピアニスト』のエイドリアン・ブロディ!(笑)


そう、ちょっとパリまで雨に打たれに行ってきたの。。。。。そんな感じ。
ウッディ・アレン作品が苦手な家族XLも絶賛しました。




『 アーティスト』
2011年/フランスのロマンティック・コメディ・ドラマ映画
モノクロ&サイレント映画。 サイレントの中でのトーキーの効かせ方がニクイです。
第84回アカデミー賞で最多5部門受賞、他ヨーロッパ、アメリカの映画賞多数受賞。

サイレントからトーキーへと移りゆくハリウッドが舞台。
没落していく男優と脚光を浴びる新人女優。。。そして犬!(←)

観客の年齢層かなり高かったですが。。。(笑)

特に後半からのワンコの迫真の演技にあなたは涙を止められるか?
犬好きの方もそうでないかたもハンカチ持参で。


フレッド・アステアやジーン・ケリー 、中野ブラザース(←)の世代に嬉しいシーンも。。。
ちっちゃいオジサンを見たことのない人にもオススメ(←)
ちなみにこのワンコ、カンヌ国際映画祭『パルムドッグ賞』を受賞してますから。。。




「ミッドナイト・イン・パリ」やっと観に行けました。いや〜、ヨカッタ。楽しかった。。。
そしたら、、、 な、なんと! 同じ劇場で家族XLがずっと観たがってた「アーティスト」が
リバイバル上映しているではありませんか!(今週の金曜迄)
というわけで、奇しくも1920年代のパリが舞台の映画を、久々の2本連続鑑賞となりました。 

丸の内ピカデリー3だったので、有楽町駅前には着物姿の若いお嬢さんもお見かけしました。
洋装のお友達と2人連れの方は、濃いめのグレー無地のやや透け感のある綿麻?着物に
白い献上名古屋帯。涼しげでした。
私はこの日は最後に単衣を着ようと前の晩から用意周到! でも、興奮して寝られず。。。 
結局着なかったという顛末w(小学生か。。。)





そういえば、観てました。。。↓

『 ノーマ・レイ』 映画天国/6月18日(月) 放送録画分
1979年 アメリカ/サリー・フィールド主演
アカデミー主演女優賞&カンヌ 映画祭主演女優賞受賞作品。
紡績工場に勤める貧しいシングルマザーが、組合結成に関わりパワフルに成長していく。。。

鑑賞中に通りかかった家族♂に「何?また暗い映画観てるの?」と言われた。。。(笑)
by ke-nosuke | 2012-07-03 19:56 | エンターテイメント | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kenosuke.exblog.jp/tb/18535143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by porkhayashi at 2012-07-06 17:25 x
映画「アーティスト」の名犬は本当に凄いですね。
芦田愛菜が入っているんじゃないでしょうか。(笑)
Commented by ke-nosuke at 2012-07-06 18:08
確かに。。。(笑) 
アレは 福くんって感じじゃないですもんネ。
Commented by ETCマンツーマン英会話 at 2013-10-08 18:23 x

ノーマレイを調べていてこちらに辿りつきました。

アメリカ南部の映画を探していてノーマ・レイに出会いました。

当時の繊維工場の過酷さを知ると共に、現代の日本にも通じるメッセージがあるのではと感じました。

>『 ノーマ・レイ』 映画天国/6月18日(月) 放送録画分

テレビで放映されていたことがあるのですね。地味でしたがよい映画でした。
Commented by ke-nosuke at 2013-10-08 18:45
コメントありがとうございました。
ミニシアター系の良い映画に巡り会うのも出会いだなあ、、、
とよく思います。人生諦めちゃいかん、と力をもらった映画の1つでした。(^^)