けの介でごじゃる
kenosuke.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:着物まわり( 53 )
猫好きだから。。。
祖母が使っていた普段用の桐箪笥。
実家を出る時に削り直しをして貰い受けたけれど、一度削るのが限度だよと職人さんに言われた代物で。。。

それももうボロボロ。。。

節約家の家族XLをしても、
もう着物や帯はいいから、いい加減桐の箪笥を買い替えないと、
と言われて早数年。。。


なのに、ネットで出会ってしまった京都wabitasさんの長襦袢地。。。


悩みに悩んだ末に。。。


さっき届きました。

b0191189_15307.jpg



猫好きには避けては通れなかった、国芳の「猫飼好五十三疋」池鯉鮒~京まで、という正絹長襦袢地。。。
仕立てもいいし衣紋も綺麗に抜けるし生地の厚さも程よくてこれからの季節でも着やすそう♪

b0191189_153146.jpg



着物や帯じゃない、長襦袢だから、、、

ま、いっか。。。?

b0191189_153299.jpg

それにしても、いつもほとんど残らない端切れ。今回はこれだけ。(^^;;


しかし、桐の箪笥問題、、、
なかなか踏ん切れずに日々は過ぎて行くのであった。。。
by ke-nosuke | 2015-04-18 14:40 | 着物まわり | Trackback | Comments(0)
新兵器。。。!
以前テレビで「CAが使っているヘアーネットがスゴイ」って見て気になっていたんだよねぇ。。。

先日100均で類似品買ったら、これがヒドいもので目も粗いし使い物にならなかった。orz


で、ネット検索して今日届いたという。。。(←)


本物はやはり全然違った!

b0191189_19435997.jpg


アレルギーで整髪料とかも使うと蕁麻疹が出るから、いつもは大島椿油でまとめて仕上げに少量のセットスプレーを使っても後れ毛がビンビン出る。。。
なんせもうパーマ液もだめになってからウン十年もパーマもヘアカラーもやってないから髪の毛が健全過ぎてブルンブルン!美容師サンでもセットするのを嫌がる程。。。


なのに!   


なのに見よっ! サクッと油も何も付けずに三つ編み編んで被せただけなのに後れ毛出てないっ!



b0191189_1944730.jpg



これは使えるね。。。( ^3^)♪


身長高いから礼装以外はちょっとでも小さく見せたくて髪は盛らない私にはちょうどイイ〜♡
by ke-nosuke | 2015-03-17 20:09 | 着物まわり | Trackback | Comments(0)
着物エプロン。。。?
夏着物や浴衣をこの暑さにもめげずせっせと着ておるこの夏。。。



着物で食事する時にお気に入りの手拭いを季節に合わせてあれこれエプロン代わりに使っておりましたが、、、


b0191189_0505543.jpg


市販の着物エプロン用のクリップは女子力があり過ぎて私のキャラでは無く、小さな着物クリップを代用していたけれど、、、


b0191189_050562.jpg


オカダヤを物色中に見つけた材料をしばらく放置状態だったのを、、、


b0191189_0505644.jpg


先ほどようやく繋ぎました。
少し鎖が短めみたいだけれどこれでしばらく様子を見てみよう。


b0191189_05057100.jpg


マレー氏のエプロンじゃないからねっ(笑)
by ke-nosuke | 2014-08-25 00:35 | 着物まわり | Trackback | Comments(0)
引出しの中から。。。
昔、家族♀が作った浴衣が出てきた。
本人は着ないって言うし、ミシン目が粗くて外出にはままならず、見える所を全部手縫いに直す気力体力も今は無く…かと言って捨てるのは持ったいないので、幸い同じオシリ星人ゆえサイズは合うので私の家着にでもするかな、と。。。
たぶん寝巻きになるのかな。。。(^^;;
結構地薄の生地だし、せっかくの朝顔と金魚の柄だもの、なんとか今年の夏こそ着てやるぜぃ!

b0191189_20395180.jpg

by ke-nosuke | 2014-07-12 16:59 | 着物まわり | Trackback | Comments(0)
さくら 咲いた。。。
b0191189_1423296.jpg

随分昔から、母が自分と色違いの柄足袋を私にもよく買ってくれた。
そうしていつの間にか 自分でも素敵な柄足袋や柄襟を見つけるとつい買うようになり、
この数十年で随分と集まってしまった。



「あの柄足袋は、お父さんが私とあなたに買ってきてくれてたのよ。」
それを聞いたのは父が逝ってからだった。


あの無骨で不器用な父が母と私の為に、あれこれとお店で柄足袋を選んでいる姿を思い浮かべて
胸が熱くなった。



週末に一気に咲いた桜の中、近場に買い出しに行くのに桜模様の足袋を履いた。




b0191189_14243100.jpg

ゑり正さんのうっすら桜色のふくれ織りの半襟と花びら模様の帯揚げと、、、


b0191189_1431224.jpg

伊藤組紐さんから取り寄せた本紫安良節の三分紐、、、




ささやかな桜づくしで。。。
by ke-nosuke | 2014-03-31 14:24 | 着物まわり | Trackback | Comments(0)
ダンシャれるのか。。。?
普段にもちっと着物生活を取り入れる為に、洋服箪笥の引き出しをさらに一段空けて木綿や化繊、ウール物を移動しようと、昨日クロークから断捨離を始めたものの、、、



b0191189_10515184.jpg
いきなり出てきた20数年前に母から下りてきた黒いベルベットのコート。
ヘチマでない衿が可愛いい♡
裄と丈がちと短めだけど、、、生地がちとくたびれてるけど、、、惜しげなく着るにはいっかな。。。




b0191189_10555836.jpg
ホントは普段にさっと羽織れるウールのコートが欲しいところだけど。。。
ずっと昔にゲットしたアジアの厚手ウールのロングショールをこうして着ると暖かいのでまだいっか。。。




b0191189_105307.jpg
そういえば、一昨年のお正月に実家で最後に元気な父に会った時、コレを持たされたんだったな。。。
つづらの様な箱を開けると、、、


b0191189_10531328.jpg
なんと、昭和30年代に母に誂えたチャコールグレイなフェイクファーのヘチマ衿の着物コート!
ピンクの裏地に凝った手仕事が施してあって今でもまだイケそう♡
でもボリューミーでゴージャス過ぎて着る機会がなかなか巡って来ないけど。。。


しかし、コレ着て里山は歩けないな。。。


撃たれちゃうから。(←)



クマじゃないですよっ。。。






なんて、あれこれ寄り道してたからちょっとしかダンシャれなかった。。。orz
今日洋服ダンス一段空けて化繊や木綿移したけど、道はまだ遠い。。。
年内に終わらせたいなぁ。。。
by ke-nosuke | 2013-12-12 11:30 | 着物まわり | Trackback | Comments(0)
きゃ〜〜〜っっっっ♪♪♪
、、、と叫びたくなるような嬉しいことがあったので、思わずリュックを買いに行きましたとさ。
(なんのこっちゃ 笑)


車で少し離れたショッピングモールへ食材の買い出しも兼ねて。
最近そこへ行く時には普段着物で、という週末のお楽しみコースとなりつつあり。。。




b0191189_16544582.jpg
秋になると袖を通したくなる普段紬に「和キッチュのキノコの刺繍衿」




b0191189_16554382.jpg
手彫りの「大きなどんぐりのリスの帯留」




b0191189_16554715.jpg
ほとんど外歩き無しだったので、毛糸のショールを首に巻いて、、、




b0191189_1654351.jpg
「さくオリジナル足袋 tea ティー」に「衿秀」さんの下駄。。。
「発熱和装インナー♪東レソフトサーモ糸使用 ヒート+ふぃっと スリップワンピース 肌襦袢(レース付き)」を着てみたけれど肌触りもふわっと優しくて暖かかった♡
腰から太もも辺りのヒヤッとする感じが無くなっていい感じ。でも膝から下はロング靴下履けばよかったかな。





この頃締めつけがしんどくなり、晴れ着でも勝負着物でも無い時はもうほぼ紐1本で腰座布団以外は補正もせずゆったりと普段着物を楽しむことにしている。(和装ブラは外せないけど。。。笑)
30代の着付け黄金時代(←)は大して何もせずでもきれいな着姿に収まっていたけれど。。。

段々と自己管理の賜物(?)で体型が変わるにつれあちこち押さえないと着崩れが気になり、最近の折り紙のような皺1つよせない着付けも勉強したりして、あれこれ自己流に消化して模索しながら着つけていたけれど、、、体脂肪が厚いと締めつけがキツいのじゃ。。。orz


先月また着物で旅行した時に、宿で久々に紐1本でほとんど補正もせずに着付けて、ああなんとラクチンなんだろうと改めて思ったのでありました。

昔(昭和50年代頃まで?)は雑誌でも、「おはしょりは舟形にふっくらまとめて」とか「帯締めは結んだなりにそれぞれ下紐にからげて」とか書いてあったのよね。
いつからかおはしょりは一重にすっきりと、帯締めは重ねて1本に見えるように、シワもダメとか、変わってきましたけど。。。

着付けの美学も方法も人それぞれ考え方が違うけれど、わたしゃそろそろ無理せずラクに楽しむ路線にシフトチェンジし直しだなぁ。。。


着付けは、日本舞踊を若い頃本格的に修行していた母の見よう見まねで中学の頃には着物と半巾結びまではできていました。
実家から独立してからいよいよ自分で帯も結べにゃ!と一念発起。市田ひろみさん、名和和子さんから始まって数多の着付けビデオ、DVD、買いためた着付け雑誌や帯結びの本も読みふけり、、、
男の着付けから、身内の七五三、袴、振袖の着付けからヘアメイクまでそれなりにこなせるようになりました。
なんかね、個人的にはあまりキッチリカッチリした着付けが好みでないので、だからこそ自分好みに着付けるようになったのだけど、、、
結局は労せず着付けても着崩れにくい体型に自己管理せねばいかんよね。
生き方までゆるいのは問題だよね、という境地に立ち戻った今日この頃、という。。。(←)
by ke-nosuke | 2013-12-01 17:14 | 着物まわり | Trackback | Comments(0)
防寒増強w
寒さ対策、着々と増強チウ。。。   覚え書き。

b0191189_19543379.jpg
『さくオリジナル足袋』
どれもいい色味♡「tea ティー」のミルクティーのような絶妙な色味が出ないなぁ。。。
「plum プラム」も「navy ネイビー」もひと味違うステキな色♪実物はみんなもっといい色です。
細身って書いてあったけれど、むしろ土踏まずの辺りがきゅっとフィットして気持ちいい。
私の農耕民族的形態の足でも入った♡




b0191189_19575892.jpg
ここから下は『ハイムラヤ』さん。他店でサイズが無くて諦めた同じ商品の大きいサイズを取り扱ってくれていたのを見っけ♪それでもフリース足袋は私が思っていたようには伸縮しなかった。
足袋下ロングソックスは身長が高い人はふくらはぎの上までスッポリいかないかも。。。
(ふくらはぎが太いのか。。。? 汗)





b0191189_1958554.jpg
グリーン系どちらか選べなくて大人買い(笑)しかしこんなに別珍足袋買ってどうするんでしょ。。。巻き爪なのに大丈夫だろうか(今さら。。。)




b0191189_19592320.jpg
裾除けと肌襦袢だとお腹周りのモコモコが気になる今日この頃。締めつけも辛くなってきたので夏から普段のお出かけは着物スリップ。コチラは薄くて暖かいとネットで見つけた。
体にぴたっとフィットして少しはスッキリ着姿に近づくかな?

それよりいい加減体を鍛えろ、ってか。。。
by ke-nosuke | 2013-11-29 19:54 | 着物まわり | Trackback | Comments(0)
ちょいと着物で。。。
サクサクッと外回りの仕事を片づけてから、大急ぎで帰宅し着替えてお出かけ。


b0191189_1174295.jpg
今年早々、何度目かの清水の舞台飛び降り(←)でこの藍の木綿着物とタッサーシルクの染め帯をいただいた呉服屋さんへ、やっと絹の夏着物をお手入れ出しに。着物を着て行くととても喜んでくださるので張り切って着て行きましたよ。。。



b0191189_1171916.jpg
3回目にしてやっとお太鼓の出したい場所に出したい柄が出せた、という。。。 笑
呉服屋の旦那さんも「とっても素晴しい!」と褒めてくださりテンション↑↑↑


そのままフライデーナイトで賑わう街の人混みをかき分け、電車に乗ってデパートへ。。。
お歳暮の手配が終わって振り向けば、なんとたくさんの京都のお店屋さんが集まって催事してるw
という偶然!(必然?) お年玉袋やら柄半衿やら根付やらを物色していると、、、
そこへ家族XLも合流し甘味やドレッシングまで買い込み、車じゃないからお酒が飲める、と夕食まで出費が膨らむ、、、お腹も膨らむ、という。。。





ここ数年、秋以降も暖かくて汗ばむことが多々あり、真夏以外使用可の蒸れない帯が欲しい、と
相談したら薦めてくださったのがこのタッサーシルクの染め帯。
軽くて蒸れず気に入ってます。(リバーシブルでも使える♪)
初めはディスプレーしていた柄違いのシックなグリーン系の配色の方が目にとまったんですが、
女将サンがこの赤を出して来まして、、、ええ、ええ、、赤に弱い私ですから、、、
しかもキャラ的にも赤の方が似合う、と女将サンと家族XLにもおだてられて、、、
結局自分で選ぶと必ず赤が入ってしまうんだなあ。。。



そして以前こちらでいただいた座繰織の藍染の着物が軽くてすべらかでとても着やすかったのですが、同じ職人さんが織った藍木綿と聞いて間違いない、と。。。しかもすっと入った緑や黄色の色とか藍の暈し具合がよそ行き木綿な感じで一目惚れだったのでした。
着込むうちに、洗うごとに、いいあんばいに育っていくんだろうな。。。♪

裏をつけて袷で来て欲しいわ、と言われたのですが家で手洗いしたかったので木綿のいしき当てだけつけていただきました。(あ、手洗いした時糊付けは不要だって言われた。)
でも単衣でもとても暖かい!今日も麻の汗とりスリップ着たけど汗ばんだし。
袷に直すのは、もっと体脂肪が落ちないと無理だなあ。。。


もう人生の残り時間考えたら、、、せっせと着ないともったいない!
減価償却できないじゃないか!

(ああ、経理番長の悲しきサガ。。。)
by ke-nosuke | 2013-11-09 01:05 | 着物まわり | Trackback | Comments(0)
諸々、難有り。。。
ニットのかがり用の針を探していて、つい難有り着物の禁断の引き出しを開けてしまった。
お久しぶりにあれこれ羽織り出す始末。。。結局未だ針は見つからず。。。orz
せっかくだから覚え書き。


b0191189_205218.jpg
父の姉で若くして亡くなった伯母の普段着、銘仙の着物。
大柄な父の姉だけあって裄も身幅も大丈夫、おはしょりが2〜3cmしか取れないけれど家着ならいっか。。。
物心ついた頃から母に正月やお祭りで着物や浴衣は着せられていたが、私が十代の頃コレをみつけて大好きな紫の地色、そして黄色のバラがえらく気に入りお下がりとして頂戴し、以来着物バカの道を歩き始めるきっかけとなった着物である。
がしかし、長らく箪笥の奥で寝かせるうちに前身頃にシミが浮き出た。さすがにお金をかけてもどうにもならいレベルなので処分しようと思ったけれど思い切れず早数十年。
久しぶりに羽織ってみたらやはり好きだ!着物として着たい!
と、いうことで一応丸洗いに出すとしても、絶対外に出ない時に部屋着として着ることに決定。
前掛けかけりゃシミも見えない。胴裏が真っ赤だって知ったこっちゃ無い。(←)




b0191189_2052184.jpg
コレは母が乳飲み子の私をおぶって日常着として着ていた化繊のお召。好きでよく着たけれど年齢と共に赤い胴裏が気になり。。。
母もオシリ星人なので身幅は問題無い。昭和初期産の女子としてはかなり長身で腕も長い母ではあるが、私には裄と身丈が短い。対丈で着てもカワユスな。。。
コレも家着として楽しむことにしよう♪もしくは絶対に車から降りること無く実家に行く時にで
も(笑)




b0191189_2075582.jpg
で、コレも母が若い頃の化繊の羽織。色柄がカワイクてよく着た。(茶羽織りサイズ)
昔の化繊の仕立上り着物だと裄も袖丈も丁度いい。上記の化繊お召にもぴったりサイズ。
最近の私の誂え着物には裄が短くて使えない。裏地はシミだらけ。外で脱いじゃダメ。
直しがきかないサイズなので実家行く時にでも羽織ろうかしら。。。




b0191189_2052397.jpg
コレは母が昔自分で縫って仕立てた単衣。娘3人の洋服も寝間着から式服まで手作りしてくれた器用な母だった。(その方が断然安くついたしネ、、、笑)
シャリっとした手触りで、ポーラ?とか、サマーウールとか何とか言ってたような気がする。
最近聞いたけれど覚えてなくて今度現物見せてみよう。
おはしょりギリだけど、裄はたっぷり4cmくらい出せそうだから、これくらいは自分でしないとな。。。と思いながら早十数年。
右のお尻辺りに少しシミ有り。

2015(H27)7/10追記:本日母に画像を見せて確認、これは『セル』とのこと。
単衣着物用のウールなので手洗いせずにお手入れに出してとのこと。


b0191189_2055922.jpg
ウールの裾除け付き。




b0191189_2054993.jpg
父の普段着だった結城の着物。小柄な父親のお下がりだったので袖の付け根に継ぎが入っている。
私の着物に直そうかと思ったら、継ぎもあるし生地もくたびれているからやめなさいって呉服屋さんに言われた。身幅ちょっと大きめだけど身丈は対丈で着るには丁度いいので、これも家着にしよう。
袖の振りが閉じてあるのはほどいて縫い直しだな。これくらいは自分で頑張ろう。




わりと長身だった母の物でも今はそのまま着られず仕立て直さなければならない。物によっては胴継ぎが入る。まして胸キュンなリサイクルショップの時代物のほとんどはまず全く直せない絶望的なサイズ。。。最近はたまにトールサイズも出るけれどその中からお気に入を見つけるがまた至難の技。。。
だからよそ行きは誂えるしか無いのでそうそう数を持てない。
ビビビ!!!ときてもお値段が天上界。。。(泣)
頑張って働くさ。。。
by ke-nosuke | 2013-10-30 20:03 | 着物まわり | Trackback | Comments(0)