けの介でごじゃる
kenosuke.exblog.jp
ブログトップ
タグ:舞台 ( 29 ) タグの人気記事
ムロツヨシ『muro式.7 ∴ユエニ A=B B=C ∴A=C』
b0191189_187269.jpg

muro式.7 ショートストーリーオムニバス
『∴』―ユエニ―A=B B=C ∴A=C

於:シアタートラム
2013年08月24日(土)~2013年09月01日(日)

[脚本・演出・出演] ムロツヨシ
[脚本] 福田雄一/ふじきみつ彦
[出演] 高橋努/若葉竜也



決算処理地獄中の身の上とはいえ、気分転換にムロツヨシのmuro式.初参加してきました。
メレブ様、サスガです。弾丸トークにワロタ、ワロタ。。。
リフレッシュしました。


寂しんぼの家族XLが終演時間に合わせてキャロットタワーまでやって来た。
「何食べたい?」と聞かれて答えたのは、、、『王将の餃子!』(←)
まだ若かりし頃、家族XLのバイクの後ろに股がって、よく三軒茶屋の「餃子の王将」で
セット定食食べて苦しがったものでした。。。(←)
この店何十年ぶりだろ。。。
懐かしかったなぁ。。。





b0191189_1864538.jpg

そして、この舞台、山田&ムロツヨシ好きには外せない。。。!
山田同盟(?)の家族♀と共にチケットもうゲットしてるし、楽しみwww
by ke-nosuke | 2013-08-28 18:32 | エンターテイメント | Trackback | Comments(0)
エンタまとめ出し♪
溜まっていたエンタまとめ書き。。。



b0191189_11111688.jpg

映画『レ・ミゼラブル』 2012年 イギリス 
トム・フーパー監督(「英国王のスピーチ」でアカデミー監督賞を受賞)
ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、他
昨日観てきました。
ビクトル・ユーゴーの同名小説を原作に、世界43カ国で上演された超名作ミュージカルを
完全映画化!
監督は『英国王のスピーチ』(コレまだ観てないけど観たい!)でアカデミー監督賞を受賞した
トム・フーパー。
ハンカチ必携!圧倒的な迫力の歌唱力を超えた演技力が素晴しい。
満席の幅広い観客層では若年層も感涙です。
是非リピートしたい!
思わずサントラ盤買ってしまいました。




b0191189_11113196.jpg

映画『Milocrorze(ミロクローゼ)』 2011年 日本 「オー!マイキー」シリーズの石橋義正監督
山田孝之主演(3役)、マイコ、石橋杏奈、原田美枝子、鈴木清順、他
我が『山田祭り』(←)3本目は『ミロクローゼ』でした。
山田孝之が「オブレネリ ブレネリギャー」「熊谷ベッソン」「多聞」という舌を噛みそうな名前の
3役を熱演。
1人の女性を一途に思い続ける男を3つのストーリーで描く壮大な?恋の映画。
「オー!マイキー」シリーズで有名な石橋義正が監督・脚本・美術・編集・音楽の5役をこなし、
映画評も良いみたいだけど、、、
『空飛ぶモンティ・パイソン』やビートルズの『イエロー・サブマリン』で衝撃を受けた世代には
ちと物足りないかな(笑)
でも『多門』役の山田クン、圧巻の大立ち回りのシーンは錦絵みたいで見惚れました。
「熊谷ベッソン」みたいなハッチャケた役をもっと吹っ切れて演じられるようになったら、
山田孝之最強だと思います。






『MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE』12/24(祝月)国立代々木競技場 第一体育館
三浦大知/CN BLUE/きゃりーぱみゅぱみゅ/Ms.OOJA/華原朋美・・・
なんと初めてのアリーナ席。基本、三浦大知はソロライブ以外参戦しないのですが、今回は
「きゃりーぱみゅぱみゅ」が観られると聞いた家族XLにチケットゲットさせられました。(笑)
「きゃりーぱみゅぱみゅのバックダンサーがヤバい」と聞いていた通り、ダンサーのキレが
ハンパ無かったです。特にキッズダンサーズ!末オソロシや。。。
思いがけず華原朋美の復帰ライブにも遭遇、声が前より出ていた感じ。
今度こそやり直せそうな気がしたけれど。。。

そして三浦大知!新曲の『 Right Now』ナマでやっと観れました。相変わらずの歌唱力に圧倒的なあのダンス!
ふ、ふ、ふ。。。 楽しいクリスマスをありがとう♪

b0191189_11115467.jpg





b0191189_11114935.jpg

舞台『TOPDOG/UNDERDOG』 堤真一、千葉哲也、 シス・カンパニー
昨年はことごとくチケット取れずに祭れなかった『堤真一祭り』、今年は一発でこのチケット
ゲットできました(泣)
しかもあの狭い『シアタートラム』前から3列目のど真ん中!!!大吉3回引き当てたご利益か?
相変わらず下ネタ満載の翻訳劇。。。しょっぱなからマシンガンのように圧倒的な長ゼリフの
応酬で前半はあっという間な感じ。
珍しく休憩を挟んで後半へ。。。幼い頃に両親に捨てられ2人で生き抜いてきた兄弟の切ない
愛想劇。。。
見どころは何と言ってもこの秋流行のボルドー色の下着姿の堤真一。。。(←)
千葉サンのカードさばきも見物です。
今回はくま吉のマスクを連日徹夜制作中で着物着て行けなんだ。。。



京都に行った際に家族♀と観てました。



b0191189_11122952.jpg

『レオ・レオニ~絵本のしごと Leo Lionni Book! Art! Book!』
於:美術館「えき」KYOTO  12/27終了
凄い混雑!売店レジは行列待ち。
以前、板橋区立美術館で開催された展覧会はオブジェも一堂に会していて圧巻でした。
今回は絵本の原画とオブジェが少し。切り絵のテクスチャーもセンスがよくてため息。。。

b0191189_11122148.jpg

あらら、買っちゃった。。。




b0191189_11123453.jpg

平等院養林庵書院 襖絵奉納記念『山口晃展』〜山口晃と申します 老若男女ご覧あれ〜
於:美術館「えき」KYOTO  12/2終了
相変わらずの神業に、素晴しすぎて観ていて落ち込む程(笑)ひたすら、ため息。。。。。



ふう。。。なんとか今年中にアップできました。。。
by ke-nosuke | 2012-12-31 11:31 | エンターテイメント | Trackback | Comments(0)
堤真一 舞台次回作『寿歌(ほぎうた)』
堤真一サンの舞台次回作『寿歌(ほぎうた)』2012/1/5(木)〜2/2(木)新国立劇場 小劇場

今日、シス・カンパニー先行予約の結果発表でしたね。
喜びの雄叫びをあげていらっしゃる方々、おめでとうございます。
ワタクシ惨敗いたしました。 第5希望迄 ことごとく全滅。。。
相変わらずのプラチナチケットぶり。。。

いつも思うことだけど、いったい何処にそんなに堤真一ファンは隠れているのだろうか。。。
他のスターや俳優さんのファンのように わーわーキャーキャー、ミーハーに騒ぐことも無く、
なのにチケット争奪戦となるや 何処からとも無く一挙に集結して来る。。。
恐ろしや。。。 そして手強い。。。

早速今度はe+の先行を申し込んでみた。
正月早々、たまには柔らか物のよそ行きおべべに身を包んでしゃなりしゃなりとお出まししたいのだ。
初祭りだもんね。
by ke-nosuke | 2011-10-21 15:13 | エンターテイメント | Trackback | Comments(0)
第九回 亀治郎の会
行って参りました。『第九回 亀治郎の会』
いえね、母が亀治郎サンのファンなんですよ。
で、たまには気分転換に連れ出そう、とお誘いした次第です。
そしたら家族XLと家族♀も同行することに。

今回の演目は、
『芦屋道満大内鏡 一幕 葛の葉』
『市川猿之助 作 博ち十王』
(ちは亦の下に大と書きます)
上演2時間30分(休憩30分)

映画と違って古典芸能だからネタバレしてもいいかな…。


『葛の葉』は命を助けられた古狐が恩人の恋人に姿を変えて一緒に暮らすうちに子までもうけて
つましく幸せに暮らしていたところに、ある日ホンモノが訪ねて来てすべてがバレてしまう。
子の幸せを思って泣く泣く1人身を隠すことに…。
その一部始終を知った夫が言うのですよ。
『たとえ女房が狐だと人に笑われても、自分は恥じることなど何も無い。
 子までもうけて幾年も暮らし情を重ねたものを別れることなどできようか。』
と、子を連れて女房の後を追う…。

どうですか、夫の鏡ですよ!  これこそが夫の鏡ですよ、奥サン!
(大事な事は二度言う)
胸にズシン、と響きました。 このセリフ(涙)

で、この子が安倍晴明になるんですね。



『博ち十王』は歌舞伎初心者でも楽しめるエンターティメントでした。
亀治朗サンの叔父である猿之助作で40年ぶりの上演ということですが、
衣装のデザインも斬新でオペラグラスで隅々観察しちゃいました。

博打打ちが地獄に堕ちて閻魔大王や鬼達にバクチを教えることに…。
身ぐるみはいだ上に極楽行きの通行手形まで手に入れる、という顛末。

日本舞踊で鍛えた強靭な足腰…。
鬼を両脇に従えて踊るさまは、思わず三浦大知を彷彿とさせる…(←)
あの足さばきはきっとムーンウォークができるに違いない。

母は若い頃、日本舞踊の修行をしてたので踊り観るのが好きなんです。
特に猿之助一派は踊りがイイから好きなの、って。

そして「亀治郎の会」は第十回で終わるそうです。 
マヤ暦の終わりと関係あるの? アセンションしちゃいますか? 
なんちゃって…。


b0191189_2363317.jpg

『国立劇場 大劇場』随分とご無沙汰してました。
シックな雰囲気で、懐かしの歌舞伎座の売店の賑々しさに比べると
少し寂しいくらい。

30分間違えて早く到着してしまい、中に入れず入口付近のベンチで時間つぶし。
外にもお手洗いや自販機はありますが、1階入口すぐ横の和風喫茶「濱ゆう」はすぐに満席に。
オーダーが出るまでに時間もかかるそうなので急ぎの時には焦るかも。

開場後はプログラムを購入してすぐに、1階売店でカツサンドを買ってソファーでいただきました。
上演中でなければ座席でも飲食可ですが、結構ソファーがたくさんあるので座れちゃいます。

でも2階の方が豪華なシャンデリアも近くてキレイだし、売店もたくさんあるので
休憩時にはこちらでまた柿の葉寿司などいただきました。(←食べてばかり 笑)

お手洗いもソファーも各フロアに幾つもあるので安心です。
もちろんレストランもいくつもあります。

この日はとても涼しくて絶好の着物観劇日和で、たくさんのお着物姿に
目の保養をさせていただきました。
お一人着物観劇のお姉様も何人もいらっしゃいましたよ。
浴衣に半幅帯に下駄の若いお嬢さんの2人連れもいらっしゃいました。
皆さん思い思いの着こなしを楽しんでいらっしゃいました。
雨予報もたいした降りではなくてよかったですね。

着物歴長い割には、単衣・盛夏モノはまだ経験も手持ちも不足がちなので、
少ない夏物の中で取合せのやりくりにいつも頭を悩ませます。

ちょっと暑いの我慢すればぎりぎり真夏もOKよ、と言われている『花倉織りの単衣』
6月に一度着たきりだったので着たかったんですが… 雨草履の履き初めもしたかったし…
同行する家族XLと家族♀がカジュアル派なので、帯は紗献上の方が見合うかな、とか…
でもこのトシになると、国立劇場に博多帯だと軽すぎるかな…とか。

結局、私の着物師匠の母が着ないというので着物は見送りましたが、
博多帯を締めた方も何人もいらっしゃいました。
こうして少しずつTPOもお勉強、です(^^;)

実は母が一昨年の暮れに左手首を骨折して、未だに力を入れると痛みが出るんです。
父の老老介護もあって、このところ疲れもあって着物どころではないのね。
姉達が同じ敷地内に住んでるとはいえ、何でも自分でやらなければ気がすまない性分で、
介護も家事も1人で抱え込みがちで…。

本当はまた一緒に着物を着て観劇したいと思ってると思うんだ。
以前も早めに着付けを手伝いに行ったこともあったんだけど、
今回は夏バテもあって着物どころじゃなかったみたい。

お正月には父が喜ぶからと着物でお年始に伺ったんだけど、
その時母が私の着物姿を見て、「ズルい、ズルい!1人だけ。」って…。
ふざけて言ってたけどやっぱり着たいんだよなぁ、って思ったもので…。
今回も私1人じゃ着れないよねぇ…。  
というわけで、またいつか…。
by ke-nosuke | 2011-08-23 01:36 | エンターテイメント | Trackback | Comments(0)
ミュージカル『レ・ミゼラブル』 *着物で観劇*
b0191189_13381146.jpg

ミュージカル『レ・ミゼラブル』帝国劇場 〜6/12 千秋楽

観てました、初『レ・ミゼラブル』

こちらのパンフレットは『帝劇100周年記念 スペシャル・キャスト』版です。あらすじ無しです。
もう一部赤いパンフレットに掲載されてます。二部購入する方が多かったみたい。



少し前にテレビで岩崎宏美さん特集で『レ・ミゼラブル』の圧倒的な独唱シーンを観て
是非、観に行きたいと…。

もともと母が劇団四季時代から鹿賀丈史ファンということもあり、
私も加賀サンの舞台に足を運ぶようになりました。
『ジキル&ハイド』『錦繍』に続き3本目ですが…。

そして家族XLが劇団新感線『薔薇とサムライ~GoemonRock OverDrive』以来、
神田沙也加チャンを応援している、という…。


1985年ロンドンオリジナル版『レ・ミゼラブル』の日本最終公演ということで駆け込み初観劇。
波瀾万丈な人生を歩んだジャン・バルジャン…。
両親や祖父母達が戦争に巻き込まれ、大きく人生を狂わされ苦労を重ねて生きてた事が、
そして今、天災や原発事故で未来を大きく変えられてしまった事が…
オーバーラップして涙が止まらなくなりました。
「たとえ 今 どんな暮らしをしていても、プライドを持って生きる事。」と
頑張り屋さんの母からいつも聞かされてきた言葉を改めて噛みしめてみる…。

岩崎宏美サンで泣きました。スバラシイです。
情感のこもった独唱に 最期は号泣でした(照)

ジャン・バルジャン役の今井清隆サンも、石川禅サンも岡幸二郎サンも、
皆さんスバラシイ歌唱力で…。
鹿賀丈史サンはカッコイイですし♥
沙也加チャンは初々しいし、若さっていいなぁ〜、なんて…(オヤジか)
元気いただきましたよ♪

ミュージカルだからって そんなに無理に全部歌わなくたって…と突っ込みたくなる気持ちを
ぐっとこらえて…(笑)

舞台演出も言う事無しで久々に舞台観てスッキリ終われました。
平日の夜の部でしたが、最期はスタンディングオベーション!拍手大喝采でした。
家族XLも大感激で興奮冷めやらぬままに劇場を後にしました。

今回頑張ったのですがS席が取れず、A席でT列左寄りでしたがリーズナブルに十分に楽しめました。
でもオペラグラスは必要な席だな…。



b0191189_13415933.jpg

311以来、初の着物で観劇。こうして劇場で楽しめる事に感謝…(涙)
5月下旬という事で色々悩みましたが、スーパークールビズってことで、
絽の襦袢に塩瀬の半衿をつけて、単衣の花倉織りに紬の染め帯で…。
このリボン刺繍の半衿は以前着物ショップ『kosode(小袖)』さんで購入。
もう1枚生成り色地に同色の刺繍半衿も重宝してます♪


b0191189_1338294.jpg

ところで、最近はお太鼓柄が出しにくいお年頃に突入中でして…(汗)
今回、初めて結ばない帯結び(切らない作り帯)』にチャレンジしてみました。
2〜3回練習していざ本番で、道中ばらけないか若干の不安を抱えつつも、なんとか無事帰還。
でもやはり紐を縫い付けた方が安心は安心だな…。

b0191189_13384180.jpg

帰宅後に着崩れ直さずに撮影したので、お見苦しくて恐縮ですが…。


b0191189_13421892.jpg

そして、昨シーズンお手入れしたてを今季着初めで引っ掛けました。
慣れない指輪なんてするもんじゃない…(涙)










『レ・ミゼラブル』
by ke-nosuke | 2011-05-31 15:24 | エンターテイメント | Trackback | Comments(0)
舞台『 トップ・ガールズ 』
舞台『 トップ・ガールズ 』シアターコクーン ~4月24日(日)
【上演時間】2時間30分(Ⅰ幕70分  休憩10分  Ⅱ幕70分)

久々のお芝居でした。
実は NODA・MAP 『南へ』のチケットも取ってたんですけど、
311のショックとストレスで体調崩して行けなかったんだ…(遠い目)

朝からろくに食事できなかったせいか? Ⅰ幕の途中から不覚にも意識が飛びまして…(←寝るな!)
Ⅱ幕はちゃんと観ましたよ。でも「ん?まさかコレで終わりじゃ…?」なエンディング…。
(あくまで個人の感想です。)

寺島しのぶサンと渡辺えりサンと麻実れいサンがお目当てでチケットゲットしました。
キョンキョン、色っぽかったです。
麻実れいサンはエレガント〜((♥)) セリフも聞き取りやすいし、さすがでした。

楽しいガールズトーク満載で盛り上がるかと思いきや… ((( ゜Д ゜三 ゜Д゜)))
あとは観てのお楽しみ…。

舞台美術は シンプルだけど空間演出がニクイです。 ライティングも効いてるし。
さすがシス・カンパニーの舞台って感じで。

パンフレット代は全額義援金になると聞いて購入。

ステキなお着物姿発見!
私より少しお姉様サマな方、ロマンスグレーのベリーショートのヘアーに
黒に近い濃い焦げ茶の無地に濃い茶の無地羽織(しゃれ紋かな?)の後ろ姿…。

え?私?今日はサバイバルモード(笑)
個人的に今、大型地震警戒期間中なもんで…。




ところで、個人的なメモリアルに帯を作ろうと思って、
リスペクトしている手仕事職人サンにオーダーしていたアップリケを、
帯に縫い付けて締めて行こうかと思ってたんですけど、
くま吉の急ぎのコスプレ制作が入っちゃったもんでまたまた予定先送り。

この手仕事職人さんは元々和装関係の職人サンではないので、詳細は省きますが…。
スゴいゴットハンドなんです。自分が落ち込むくらいに…。
(本当はもったいなくて教えたくない… ←自分、小っせ〜 笑)
たぶん そのうち シラッと着付け写真を載せてるかもね…?


b0191189_032879.jpg

さて、コレは何か?  ヒ。ミ。ツ。。。。。
by ke-nosuke | 2011-04-21 01:44 | Trackback | Comments(0)
はじける笑顔で…
b0191189_0172784.jpg

         「ぷはぁ〜っ ジューチュ おいちいっ♪」ってとこでしょうかね? 
         上機嫌だな、こりゃあ。



この絵を見ていてふと思った。

まあ、上を見たらキリが無い。懐具合の事情もあるし。
お誂えでなくたって、絹の衣でなくたって、子を思う親の心は皆同じ。
切ない親心なんかは向こうにちゃちゃっとうっちゃって、
なによりそこに はじける笑顔があるのなら、
それはもうりっぱな晴れ着だよね、と。





話はとんと変わりまして…(笑)
そういえば 豪華女優陣の競演が楽しみな舞台『トップ・ガールズ
ぴあの抽選先行予約取れてまして、チケット引換えてました。
Bunkamuraシアターコクーンの真ん中辺りの右寄り。まあまあな席。
4月のお楽しみができました♪
死ぬ気で頑張れ2月、3月! と自分に言い聞かせてみる、何度も、何度も…。


『トップ・ガールズ』
by ke-nosuke | 2011-02-03 01:29 | 平面・立体イラスト | Trackback | Comments(0)
チケット引換えてきました♪
           NODA・MAP『南へ』のチケット、やっと引換えてきました。

           東京芸術劇場 中ホール、真ん中辺りの右寄り。
           小さめな劇場だからまあ何とか見えそうですな。

           でも列の真ん中辺りって着物だと休憩時間の出入り結構大変なのよね…。
           荷物どかしていただいたり迷惑かけちゃうし…。

           花粉症の症状次第だけど着て行きたいなぁ♪


           

           出たついでにちょっとウォーキング。
           頑張らないとお太鼓柄の帯締められなくなっちゃう(汗)

b0191189_163075.jpg
                   もう梅が咲いてるんだね♪


b0191189_1631124.jpg
           自宅で引きこもって作業してると、
           知らない間に季節のうつろいが通り過ぎてしまいがち。
          
           桜はまだかいな…?
by ke-nosuke | 2011-01-06 16:14 | エンターテイメント | Trackback | Comments(4)
NODA・MAP『南へ』
やったぁ!第一希望一発当選!!

NODA・MAP『南へ』ぴあ先行抽選結果、見事当選しました♪

まずはよかった、安心した…。

3月中旬過ぎだと、何着て行こうかな♪

東京芸術劇場だから、少しよそ行きの大人っぽい感じにまとめようかな?
                 (↑もう十二分に大人だろうが…)

生蒼井優、生妻夫木、楽しみです♪

まだゲットできていない方にもご加護がありますように…。



その前、3月中旬までは作品作りで地獄のスケジュールになってる予定なので
社会復帰できるかちょっと不安は残るけど…。

髪もお肌もバッサバサになってそう…(恐)

二足歩行とかちゃんとできてるだろうか…?

おまけに多分重度の花粉症真っただ中だけど大丈夫だろうか。。。((( °x °)))
by ke-nosuke | 2010-12-21 18:36 | エンターテイメント | Trackback | Comments(0)
お楽しみ…
白クマ、彫り終わりました。
引き続き子ペンギン彫り、開始。

そこへアマゾンで取り寄せたDVDとCDが届いた。
しばし休憩♪ でへへへ…。

そういえば、NODA・MAP「南へ」
ぴあの先行抽選申込のお知らせ来ましたね。
第5希望迄か…。
何着て行こうかな〜♪


NODA・MAP「南へ」
by ke-nosuke | 2010-12-15 16:27 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)