人気ブログランキング |
けの介でごじゃる
kenosuke.exblog.jp
ブログトップ
猿に泣く。。。 映画『猿の惑星 創世記』
猿に泣かされました。

特に ゴリラ,弱いんですよ。 家族XL とダブルから…(←)

映画『キング・コング』観た時も、ゴリラ飼ってると思えば腹立たないか、って反省したことあったっけ…。



映画の前に まずは『つるとんたん』で腹ごしらえ。

秋の特選メニューは11月20日まで。
b0191189_1126509.jpg

私は「具沢山のっぺい仕立て やわらか煮豚のおうどん」に揚げ茄子トッピング。
お野菜ガッツリ、煮豚がホントに柔らかい。厚揚げ大好きだし♪


b0191189_1126575.jpg

家族♀は「ポン酢餡かけ仕立て 鶏ときのこのおうどん」に贅沢に松茸トッピング。
でも苦手なポン酢味だったのでちょっとガッカリだったみたい(最初に気づけや 笑)


b0191189_1127560.jpg

そして 家族XLの辞書に「さっぱり味」は無い…。
「イベリコ豚ときのこ チーズクリームのおうどん」チーズが濃い!
でも、イベリコ豚って臭みあるよね。 ハーブがお似合い。



もう、外食の時は、線量のこ事とか 産地の事とか少し忘れて 開き直ってオイシくいただきます♪
オノレの免疫力を信じて、ね…(苦笑)
若い衆には酵母や乳酸菌、スピルリナとか飲んでいただきますがね…。
生味噌に天然塩、トマトジュースにリンゴペクチン、etc.…。
気休めと言われようと、使える手段はすべてつくして体内被爆を最小にとどめていく、という…。

30年来診ていただいている皮膚科の先生も憤慨していました。
「政府や東電やマスメディアの言う事なんか信じてたらダメよ。 
 自分で頭を使って色々調べていかないと家族なんか守れないわよ!」って…。

リアルも日々闘いですよ…。 まるでSF映画…。 若い世代は守らなきゃ。



さてさて、映画の話に戻ります。『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』ですよ。

前評判もよかったけど、先に観てた家族♂が絶賛してただけのことはありました。

脚本がよく練れてるんですよ。日本映画と違って。


主役の男優、ジェームズ・フランコは結構タイプです(←)
配役も知らずに観たのでちょっとラッキー♪
映画『スパイダーマン』で主役ピーターの親友ハリー役で出てました。
父の死後、跡を継いで二代目グリーンゴブリンになってしまう、という…。


ヒロインのフリーダ・ピントはホントにキレイ…♥
映画『スラムドッグ$ミリオネア』でもヒロイン役でした。


主役のお父さん役のジョン・リスゴーは、映画『トワイライトゾーン/超次元の体験』の
第4話 『2万フィートの戦慄』(『NIGHTMARE AT 20,000 FEET』)・エピローグの印象
が強烈。 あれ?映画『ガープの世界』にも出てたんだ。 今度 観直そう。


映画『ハリー・ポッター』シリーズに出ていたトム・フェルトンも出てますよ。


そして、CGの元(パフォーマンス・キャプチャー)になっている猿役の俳優は、その筋で世界的に
有名なアンディ・サーキス。映画『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のゴラム役や、映画『キング・コング』のキング・コング役。 ←これ、全部観てるな…。

この映画には「生身の猿」は1匹も出ていないんです。
すべての猿がVFX!  動物愛護団体(PETA )に表彰されてます。




すべての伏線が自然に繋がっていく…。

でも結局これっぽっちの猿の反乱で人間社会が滅びるのって、さすがに無理あるんじゃ?

って疑問も、観終わって納得ですよ。 エンドロール始まっても席立っちゃダメですよ!

結局人類は 人類自らの手によって滅ぼされるのか…?






(VFX:SFXやCGとは別意味。3DCGを使って撮影した特殊映像を実写映像と合成すること。)
by ke-nosuke | 2011-10-17 13:13 | エンターテイメント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kenosuke.exblog.jp/tb/16453530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。